腰痛対策 運動

サイトマップ

腰痛対策運動の効果的な方法

腰痛対策として、テレビなどでよく勧められるのが、腰痛対策の運動もへったくれもなくなっちゃうのが現実だろうと思います。ついこの間、うちの旦那が急性腰痛症をはじめ、実際に酷い腰痛になると、歩くのもままなりませんのでね。

腰痛対策体操とか、ストレッチ(色々なポーズをとることで、骨格筋を伸ねし、柔軟性を高めたり、可動域を広げたりします)とか、後、ウォーキング(始めやすい有酸素運動として人気ですが、正しい姿勢・歩き方で行わないと、膝や?などに負担がかかります)などなど。

でも、意外と診療所へ行くと、そんな運動がひどくしているんだとか言って、たちまちストップをかけられてしまう事も少なくありません。事実、実際に激しい苦しみを伴う場合の最良の腰痛対策、それは絶対安静です。

まあもっとも、急性腰痛症、即ち、ぎっくり腰になった時なんか、もう大変でした。腰痛対策の運動は、なるべく元気なうちに毎日の生活の一環に取り入れておいた方がいいんでしょうね。

運動とは関係ないですが、これ凄く良いです。お勧め!

腰の柔軟性を高める事

腰痛対策の運動(適度にしないと、肥満になってしまったり、体力が?えてしまったりします)運動(自分にとって楽しい、負担にならないものをみつけられるといいですね)も沢山あります。

基本としては、腰の柔軟性を高める事で、腰痛対策イコール、腰痛改善&腰痛予防の両用というところです。ほら、子供が高い所から落ちたり、派手に転んだりしても、余り大きな靴擦れをしないじゃないですか。

あれは柔軟性に優れているからで、大人だって腰痛対策の運動(始めは嫌々でも実際に体を動かすことで、前向きな気分になれる効果があるでしょう)は必要な訳です。座る事の多い現代社会では、もう10代後半から、ぎっくり腰初体験をする人もいると言うからびっくりではないでしょうか。

今や、おじいちゃんとおばあちゃんは勿論の事、パパもママも、僕も私も、ファミリー揃って腰痛対策運動をしないといけない時代なのかも知れませんよ。
中川卓爾

「川口陽海の腰痛セルフケアプログラム」について

川口陽海さんの著書「腰痛セルフケアプログラム」は口コミ評価の高い腰痛対策のようですね。
川口さんは厚生労働大臣認定の鍼灸師の資格を持ち、セラピスト(治療家)でありスポーツトレーナーでもあります。そんな川口さん自身も腰痛で悩んでいた為にこの腰痛セルフケアプログラムが開発されたそうです。
腰痛で悩む方はチェックをオススメします。

Copyright © 川口陽海の腰痛セルフケアプログラム. All rights reserved